毎朝5時からぺったんぺったん。「杵と臼」で搗く、出来たてお餅の和菓子店

秋葉神社を東に少し行った、なんとも懐かしい五叉路に建つ、「みのや田菓子店」。小さなお店の小さなショウケースを覗くと和菓子がキレイに並んでいます。種類は柏餅・ちいちい餅・大福・ずんだ餅・饅頭の5種類のみ。あとは時期によって柏餅がおはぎになったりへそ餅になったり。ちょっと小規模だけど、これこそが美味しさのヒミツ。なんと今どき! 毎日毎朝、手作業で、それも「杵と臼」を使ってお餅を搗いているんです。手作りのお餅は、よく伸びてなんだかホッとする味。次の日には堅くなってしまうのでその日に食べるのが大事。友人の手みやげにしたら「出来たてを台所でひょいと渡されて食べた時の旨さ」と、嬉しい言葉が。こんな風に時間と手間で贅沢をするお菓子を持っていけたらお呼ばれ通になれるかも。ただし「ちいちい餅」を焼津に持って行く時は気をつけて。「清水〜蒲原ではお盆やお彼岸に食べる仏事のお菓子だけど、焼津では『おさんこち』と呼ばれてお産などの祝いの時に食べる習慣がある」と、3代目ご主人の田知昌さんが教えてくれました。

# by roncho | 2011-08-01 10:52 | テイクアウト  

奇をてらわず、素材の持ち味を生かす。何度も通いたい、おいしい隠れ家。

静岡駅南口から西へ歩くこと十数分。馬渕の住宅街にある「稲穂」は、一見さんにはちょっとわかりにくい場所かも。けれども料理をひとつ口にすると、この店が繁盛している理由がよくわかります。海の幸、山の幸。いずれも身近にあるお馴染みの素材ばかりで、奇をてらったメニューは何もありません。でも、どれも格段に美味しい。「創作料理とか飲み放題とか、そういうことは一切やりません。ただ、わざわざ来ていただいたお客様に、気持ちよく飲んで食べていただけるように、素材選びから料理を出すタイミングまで、さりげない気配りを心がけています」。お客様は口コミの方が中心。「予約の電話の声を聞いただけで、顔が浮かぶお客様が多いです」。おすすめは、太刀魚のふんわりした白身とネギの風味が絶妙の“太刀魚ねぎま”や、こんがりとジューシィーに焼き上げられた“丹波地鶏の手羽先”。お手頃価格の料理が中心で、あれこれ食べてもお財布に優しいお値段で収まるのもうれしい。

静岡市駿河区馬渕2丁目11-29
TEL 054-289-1025
営業時間 17:00~23:00
定休日  日曜日、月曜日の祝日

e0188163_1243335.jpg

控えめな看板が目印。夜は灯りがついて華やかに。

e0188163_12434791.jpg

ごじんまりした店内。隠れ家風で落ち着きます。

e0188163_1244133.jpg

人気の太刀魚ねぎま。370円
こんがり焼きあげた太刀魚と白ねぎの組合せが新鮮。

e0188163_12441537.jpg

こちらもおすすめの、丹波地鶏手羽先。290円
何気ないけれど、焼き加減も鶏肉のジューシィさも最高。

e0188163_12443535.jpg

トマトとじゃこのサラダ 730円
女性に人気のトマトとじゃこのサラダ。これも美味!

# by roncho | 2011-01-24 12:44 | 和食  

じっくり煮込んだスープが美味。昔ながらの正統派中華料理が人気。

清水駅前銀座の中華料理店「夜来香(イエライシャン)」。石原新聞店本店近くということもあり、スタッフ一同のお気に入りのお店です。創業から30年を超える老舗で、現在のご主人は二代目。うまさの秘訣はじっくり煮込んだ特製スープ。ご主人の成本さんは「おいしい料理に近道はありません。毎日同じおいしさのものを食べていただけるよう、日々の下ごしらえをしっかりやる。それだけです。見えないところで手抜きをしたら、それはすぐに味に出てしまいます」。深みとコクのある味わいなのに、決してくどくはない。そんな絶妙な味が出せるのは、日々の努力の積み重ねがあるからなのでしょう。最近は中華料理もお洒落になっていますが、ここのお料理は昔ながらの正統派中華料理。どこか懐かしいおいしさに惹かれて、何度も足を運ぶファンが多いとのこと。初めて行く方は、まず人気の五目ラーメンを食べて、そのうまさを実感してください。

夜来香(イエライシャン)
静岡市清水区真砂町4-31
TEL 054-365-5212
営業時間 11:00~21:00
定休日  火曜日

e0188163_152482.jpg

人気の五目つけめんセット。野菜たっぷりの五目スープは、コクがあるのにあっさりしていて、クセになるおいしさです。


e0188163_11463783.jpg

日替わりランチは、カニ玉、唐揚げ、日替わりの3タイプ。メインのお料理に小鉢、おしんこ、スープ、ライス、杏仁豆腐がついて900円はお得。しかもライス、スープはおかわり自由です。


e0188163_11502486.jpg

二階はコース料理をゆったり楽しめる円卓席。石原新聞店スタッフもよく利用しています。


e0188163_11513749.jpg

二代目ご主人の成本広明さん。

# by roncho | 2010-10-06 11:21 | 中華  

毎朝食べたいおいしさ! 自家製の天然酵母パン

庵原バイパスから少し北へ走ると、緑の中に三角屋根、レンガ造りの建物が見えてきます。「シュクール」は天然素材にこだわる手づくりパンのお店。お店を開いてから既に20数年という、地域でおなじみの老舗パン屋さんです。自家製天然酵母を使ったパンづくりのきっかけは、子どもさんのアトピー体質の改善のため。手間やコストがかかっても、おいしくて身体にいいものを作りたいというご主人のポリシーに共感し、最近は遠くからパンを買いに来るお客様も増えているそう。天然酵母系のパンは値段がやや高いという印象がありますが、「シュクール」のパンは価格がお手頃なのもうれしいポイント。「毎日食べていただくものだから、あまり高いお値段ではね」と奥様。おしゃれなパンから昔懐かしい調理パンや菓子パンまで、いろんなパンがずらりと並んでいるのも、気取りのない「まちのパン屋さん」というかんじ。今度の週末はちょっと早起きして、「シュクール」へ朝食用のパンを買いに行ってみませんか。


静岡市清水区原39-24
TEL 054-363-1152
営業時間 7:00~18:00
定休日 日・月



人気ナンバーワンは特製食パン。いろんなパンが楽しめ曜日ごとのおすすめセットも好評。
e0188163_1314334.jpg


サクサクパイ生地の菓子パンがいっぱい。
e0188163_13144390.jpg


フランスパン生地のおしゃれなパンも人気。
e0188163_13145416.jpg


ランチには、看板娘・美香さん手づくりのミネストローネスープをどうぞ。
e0188163_13152754.jpg


パンによく似合う、優しい味のスープです。
e0188163_13153634.jpg


手描きの商品説明文字も、なかなか凝ってます。
e0188163_13154494.jpg


大きな三角屋根とレンガの壁が目印。
e0188163_13155436.jpg

# by RONCHO | 2010-07-01 10:46 | テイクアウト  

加藤精肉店

おいしい肉だけを厳選! めざすは「庶民の高級店」。


学生時代、とんかつ屋でアルバイトをしていた石原編集長は、お肉が大好き。そんな編集長イチオシのお店が、静岡市駿河区小黒の加藤精肉店です。「肉のおいしさは、確かな生産者、仲買人との信頼関係で決まります」とご主人。「時代と共に流通の体系が変わって、個人商店がどんどん少なくなっています。スーパーで肉を買うのが当たり前と思っている人も多いでしょうが、ぜひ一度うちの肉を食べていただきたい。食べてみればおいしさの違いがすぐわかります」。最近は各地のブランド名がついた肉が増え、牛肉の格付け(http://www.yoro-meat.co.jp/tisiki/kakuduke.htm 参考)も気になります。「ブランドや格付けはおいしさの目安にはなりますが、○○牛がすべて同じ味というわけではないので、やはり信頼できる肉屋でおすすめのものを食べるのが一番だと思います」。加藤精肉店の牛肉はすべて静岡産。種牛や飼料の配合にもこだわり、納得のいく生産者から仕入れたものだけを販売しています。「牛、豚、鶏とすべておいしいと自信を持っています。まずはフライパンでジュッと焼き、塩コショーだけで食べてください。肉本来の旨味がたっぷり楽しめますよ」。今夜の献立は、焼肉で決まりです。


静岡市駿河区小黒1-1-18
TEL 054—285-4851
昼 10:00~18:30
定休日 日曜日、祝日


e0188163_1052447.jpg

「黒毛和牛」の看板が目印。

e0188163_1171075.jpg

ショーケースには新鮮なお肉がずらり。食欲をそそります。

e0188163_1155458.jpg

特選黒毛和牛は100g1050円から。

e0188163_1174036.jpg

ポークソテーは100g280円から。

e0188163_11101142.jpg

コロッケ、はんぺんフライなどの手づくり惣菜。揚げたてをどうぞ。

e0188163_10513742.jpg

わが家で本格派の味。手づくりロールキャベツも好評。

e0188163_10534197.jpg

笑顔がすてきなご主人と奥様。「お肉のことならなんでも聞いてくださいね」。

e0188163_1183314.jpg

明るい雰囲気間の店内。遠くから買いに来る常連さんも多いそうです。

# by roncho | 2010-03-04 10:55 | テイクアウト